医者

胃の病気とは

男性

普段の食事に注意する

胃の病気の中には、胃がんがあります。そこで、胃がんにならないために注意しなければいけないのが、普段の食事になってきます。例えば塩分の取り過ぎです。塩分を取り過ぎてしまいますと、胃がんを発症しやすくなってきます。もちろん、短期間塩分を取り過ぎたからといって胃がんになるわけではないです。塩分の取り過ぎが長期的に渡ってきますと、次第に発症リスクが高まってくるという事になります。日本では、昔はとくに胃がんの発症率が高かったですけど、それは塩分を多く撮り過ぎている食事を多く摂取していたのも1つの理由になってきます。塩分というのは、さまざまな料理に含まれていますけど、なるべくどれくらい含まれているのかを把握して、日々の食事の塩分をコントロールしていきます。

危機意識がうすくなる

胃がんというのは、日本人が多く発症してしまう病気としていままで考えられてきましたので、以前から危機意識が強かったと言えます。しかし、最近では食事の変化が起こっています。日本食中心ではなくて、欧米食などさまざまな食事を摂取する人が増えて、大腸がんや乳がんなどの発症率が高くなっています。その分、胃がんへの意識が弱くなっている可能性もあります。このような他の癌の発症率が高くなってきますと、今後さらに胃がんへの意識が弱くなる可能性がありますので、その点は注意しなければいけないです。今でも、胃がんというのは、日本人が発症しやすい病気であり、危機意識を弱めることなく、予防をしたり、検査をする事が大事になってきます。

Copyright© 2015 癌の本当の怖さは転移にある|命にかかわる重病は専門医で治療All Rights Reserved.