医者

脳疾患の治療

女性

脳疾患の豆知識

脳疾患とは脳神経の疾患のことで、脳動静脈奇形や脳動脈瘤、脳腫瘍などがある。いずれの脳疾患も脳神経外科で治療することができ、外科手術が不要の場合は、脳神経内科で治療が行われる。脳動静脈奇形は先天性の脳疾患で、脳内の動脈と静脈が直接繋がっている疾患である。動脈と静脈が結合すると血圧が上昇し、くも膜下出血や脳出血を引き起こす可能性が高まるため、早期に治療することが必要になる。脳動静脈奇形をそのままにしておくと、70パーセントの確率で脳出血やくも膜下出血を引き起こすので注意を要する。脳動静脈奇形をそのままにしておくと命を落とす危険が高まる。治療法は開頭して脳動静脈奇形を外科手術で摘出する方法が主流であるが、サイバーナイフでも治療することが可能である。

脳疾患の治療の人気

脳動静脈奇形などの脳疾患の治療は、外科手術で病巣を摘出することが一般的である。しかし脳の外科手術は、頭蓋骨を開くことが必要になるので、手術を怖がる人が多い。脳動静脈奇形は子供が手術を受けるケースが多く、頭部を開頭する外科手術を嫌がる子供が多い。脳動静脈奇形は開頭をせずにサイバーナイフで治療することも可能である。サイバーナイフで治療を受けると頭を開かずに治療ができるので、患者からの人気が非常に高い。最近はサイバーナイフによる集中放射線療法によって脳動静脈奇形を治療するケースが増えている。サイバーナイフは開頭をして外科手術をするよりもリスクが低いので、今後はますますサイバーナイフによる治療が増えると予測される。

Copyright© 2015 癌の本当の怖さは転移にある|命にかかわる重病は専門医で治療All Rights Reserved.